• トップ /
  • 賃貸でペットを飼うには

賃貸物件の第一条件

賃貸でペットを飼うには

ペット可賃貸ですか?

賃貸物件で犬や猫などを飼うには、まず最初からペット可物件であることが第一条件です。そうでない賃貸物件で勝手に飼うことは絶対にやめて下さい。最悪、退去を言い渡されることさえあります。契約の時に申し出た頭数を勝手に増やすのもNGです。きちんと大家さんに了解をとりましょう。鳴き声や臭い、遊ぶ時の物音にも気をつけましょう。犬なら留守番させる時に吠えたりしないよう、きちんとしつけましょう。自分で飼っている子でなければ、騒音やマナー違反には寛大になれないものです。マナーを守って、楽しいペットライフを送りましょうね。

ペット飼育可能な物件

ペット可能な賃貸物件には、大きくわけて2種類あります。最初から飼育可能な物件として建築され、遊び場や入室前に足を洗う場所があるなど設備が整っているところと、もともとは禁止していたが、途中から飼育可能としたので、特に設備は整っていないところです。設備面で考えると、最初から飼育可能物件として建築されたところの方が飼いやすいでしょう。また、飼育可能としている賃貸物件でも、飼うことができる動物の種類や数は異なります。例えば小型犬はいいが、大型犬は許可されないというところもあります。契約する前にきちんと確認しましょう。

↑PAGE TOP